お金が必要

お金が急に必要になるというのは金額の大小関わらずよくあることです。

しかし思いも寄らずに大金が必要になるケースで一番どうしていいかわからないのが保釈金のことなのではないでしょうか。

保釈金というのは罪を犯して拘留中の本人ではなく身近な親族などが裁判所に対して身柄の解放の請求をして許可が降りた際に納付するお金のことです。

ただでさえ身近な人が捕まってしまったというショックの中にあるのですからどのように対応すればいいのかわかりません。

急に大金を用意することが難しいということもありますよね。そんな時には保釈金の立替を行なっている機関を利用するのがいいでしょう。

立替をしてくれるなんていうのをご存じない人もたくさんいます。立替によって助けられたという人も本当にたくさんいるんですよ。

ショックを受けて絶望してしまわずに可能性を信じて保釈金の立替、ご一考してみてはいかがでしょうか。

しかし、手助けすることのできる金額には上限が決められています。
なので一部は自己負担することにもなります。

また、返還していく際には手数料がかかります。認められるかどうかも業者の審査があります。






What's New


2013/02/05
最新記事2を更新。
2012/11/08
最新記事を更新。
2012/03/08
失効を更新。
2012/03/08
釈放を更新。
2012/03/08
守ることを更新。
2012/03/08
流れを更新。
2012/03/08
保釈金立替なら安心を更新。
2012/03/08
ホームページリニューアル

Recommend Entry

理由はどうあれ

過ちを犯してしまったのなら仕方のないことです、反省が必要ですが保釈可能な程の過ちなら保釈金立替を利用してでも社会にいるほうがその後の為です。

関係なくない

誰でも、何かの間違いや予測の不足で、保釈金が必要になる場合はありえます。万が一ですが、その万が一に備えることは重要なんですよ、案外。

recommend site


日本保釈信用株式会社
起訴後の刑事裁判における保釈保証金の立替

弁護士雑記帳
信頼の弁護士事務所 北勢綜合法律事務所(三重県四日市市)による弁護士雑記帳

保釈金立替ビジネスは一種の貧困ビジネスか?
刑事事件で捕まった人が、そのまま裁判にかけられるとき、釈放されて家から裁判に通う場合と、釈放されず